バイアグラ使用の際の注意点

MENU

バイアグラの副作用が表れたときの対処方法

バイアグラ,使用

バイアグラを服用して、もし副作用が表れてしまった倍どうすればいいのでしょうか?

 

バイアグラ錠によって「気分が悪くなる」「頭痛」「顔が赤くなる」「消化不良」などの副作用が表れることがあります。

 

また、光に過敏になる、色が変化して見える、など一時的に目に影響の表れる方もいます。

 

長期に服用される場合は、目の検査などについて医師に相談するようにしてください。

 

また、こうした症状のほかにも、副作用が表れることがありますので、異常を感じたときには服用を中止して、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

 

勃起の持続によってペニスが損傷し勃起機能を永続的に失うことがありますので、バイアグラ錠の服用後4時間以上勃起が続く場合にはすぐに医師の診断を受けてください。

 

このほか、バイアグアらを使用する際の様々な注意点などが「バイアグラを適正に使用していただくために」というファイザー製薬が発行しているパンフレットにかかれています。

 

バイアグラを他人に譲ることは厳禁です。

 

バイアグラ錠はあなたのために処方された薬です。パートナーやほかの人に絶対に上げないでください。その人が性行為をするには不適当な病気にかかっていたり、この薬を服用するには不適切な病気にかかっていたり、ほかの薬を飲んでいたりする場合もあり、危険だからです。

 

バイアグラの服用には必ず医師の診断の元に処方を受けることが必要です。